保育士が求められること

保育士が求められることとは

保育士が求められることとは 保育士が求められることは、子供を預かっている間は怪我などをしないようにしっかりと子供の行動を見ておかなければいけないということと、子供同士がけんかをしたような時はきちんと理由を聞くなどして子供のしつけをしなければいけないということです。
万が一子供が怪我をしてしまったような時はどうして怪我をしてしまったかをしっかり親に説明しなければなりませんし、怪我が大きければ保育士の責任を問われることもあるので、親とのコミュニケーション能力も必要になってくるものです。
また、自分の健康管理もしっかりできる保育士であることが求められます。
保育園の場合、風邪やインフルエンザになっている子供がいればすぐに流行してしまいますし、保育士自身が風邪であれば園児に風邪をうつしてしまうことも考えられます。
そうならないようにするためにも自分の健康管理はしっかりできるようにしていくと良いでしょう。早寝早起きはもちろん、自己管理能力が大事です。

保育士が子供たちに伝えるべきこと

保育士が子供たちに伝えるべきこと 保育士は子供たちを親から預かり、迎えに来てもらえるまで相手だけをしていればいいと言うものでもありません。子供たちと接している間には、子供たちにきちんと伝えることは伝えるようにしていかなくてはならないのです。
例えば悪いことをしている子を見つけたら、きちんと注意をするようにし、しかるべきところは叱るようにしなくてはなりません。ただやめさせるだけではその子のためにはならないからです。
保育士が伝えなければならないのは、なぜ叱られているのかをわからせることでもあるでしょう。なぜ注意をされたのかを本人にしっかり考えさせるようにすることです。
ただ悪いことをやめさせるだけで終わってしまえば、また同じことを繰り返すようになるでしょう。
そうなると毎回注意をしなくてはなりませんが、その子になぜ注意をされたのかを考えさせることによって、同じことを繰り返さずに済むようになります。
理由を保育士から伝えるのもいいですが、まずは本人に考えさせるようにすることです。

注目サイト

池袋 パーソナルトレーニング

2019/9/6 更新

新着情報

◎2017/6/12

保育士は体力勝負!
の情報を更新しました。

◎2017/3/14

即戦力の保育士
の情報を更新しました。

「保育士 こども」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lu8kh25f/sandraetlechien.com/child.html on line 154

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lu8kh25f/sandraetlechien.com/child.html on line 154